レーザラマン分光光度計

NRS-4500
レーザラマン分光光度計
ラマン分光法は、赤外分光法と比べサンプリングが容易で、赤外顕微鏡では不可能な微小部位の測定が可能です。このような特長を持つラマン分光法は汎用分析機器として普及しつつあります。
NRS-4500は、コンパクトな筐体に異物分析などの一般分析に必要な機能・性能を搭載した画期的なラマン分光光度計です。4枚のグレーティング自動切換やQRI高速イメージング(Quick Raman Imaging)に対応し、広域から微細までの幅広い面分析を行うことができます。

レーザラマン分光光度計 NRS-4500の特長

高速・高精度測定のQRIシステム

高速にデータ取込みを行うことができるQRI高速イメージングに対応しています。特にマッピング測定においてパフォーマンスを発揮します。

詳しくはこちら >
小型設計レーザラマン分光光度計

EMCCDとQRIシステムによる更なる高感度化/高速測定

電子増倍機能を有するEMCCD検出器とQRIシステムを組み合わせることで、より高速な微弱光測定が可能になります。

詳しくはこちら >

ウィザード形式で測定を支援する測定アシスト機能

ラマン分光光度計特有の操作を簡単に設定できる測定アシスト機能を搭載し、測定者の負担を軽減しています。

詳しくはこちら >

自動波数校正、自動アライメント機能搭載

波数校正用のNeランプおよび標準サンプルを内蔵しており、波数校正を自動で行うことができます。また、レーザー光の自動アライメント機能を搭載しており、最適なレーザー光路に調整されるため安定した測定が可能です。

JIS規格「レーザー製品の放射安全基準」クラス1適合

レーザーの安全対策も万全で、インターロック付電動ドアを標準搭載し、レーザーから測定者を保護します。

レーザー3台、グレーティング4枚を搭載可能

レーザー3台、グレーティング4枚を同時搭載することができ、切換もソフトウェアで簡単に行うことができます。

詳しくはこちら >

小型で場所をとらない設計

重量約80kg、小型で場所をとりません。

試料室ドアが上下移動するため、左右にスペースをとる必要がありません。試料室ドアは電動開閉方式のため、装置に手を触れずに開閉することができ、不必要に装置に振動を与えません。

小型設計レーザラマン分光光度計