技術情報 アプリケーション トピックス 生命の起源を知る「はやぶさ2 プロジェクト」
トピックス

生命の起源を知る「はやぶさ2 プロジェクト」

はやぶさ2 プロジェクト
イラスト:池下章裕氏提供

はやぶさ2 プロジェクト

「はやぶさ2」は、小惑星「イトカワ」を訪れ、2010年にサンプルを返却した最初の小惑星探査機「はやぶさ」の後継機です。「はやぶさ2」は、C型小惑星「リュウグウ」に着陸しサンプルを取り出すというミッションを完了し、12月にサンプルの入ったカプセルを地球に届ける予定です。この貴重なサンプルは生命や太陽系の起源を解明するために重要となることでしょう。

持ち帰ったサンプルの分析に貢献

リュウグウは、S型小惑星イトカワよりも原始的な天体であり、同様の岩石小惑星ですが、有機物や含水鉱物が多く含まれていると考えられています。地球を構成する鉱物、海の水、そして生命の基本的な前駆体は、太陽系の初めの原始太陽系星雲と密接な関係を持っていたと考えられています。

これらのユニークなサンプルの分析は、太陽系の端における有機物や水の存在についてより多くの知識を提供します。この知識は、基本的な材料がどのように共存し、相互作用したかを理解し、生命の起源について理解を深めるための鍵となるかもしれません。この壮大な使命に日本分光グループが関わることは、本当に名誉なことです。今後も先進の技術で次世代への貢献をしていきます。

地球外試料キュレーションセンター内に設置
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
相模原キャンパス 地球外試料キュレーションセンター(ESCuC)内に設置
VIR-300と照射及び集光光学系
日本分光製のVIR-300と分光計器製の照射及び集光光学系

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 地球外試料キュレーションセンターのリンクはこちら