製品情報 ライフサイエンス用紫外可視分光光度計 V-730BIO
分析装置一覧

ライフサイエンス用紫外可視分光光度計 V-730BIO

V700 series 紫外可視分光光度計 V730 BIO
V-730BIOは、ライフサイエンスにおける分光分析に最適化された1台です。優れた性能をコンパクトな筐体に収めた紫外可視分光光度計本体と、ライフサイエンス向けの多彩なプログラムを搭載したV-730BIO専用iRMにより、多様な測定とパワフルな解析が可能です。iRMはタッチパネル式カラー液晶を採用し、設置場所を取らず、視認性と操作性に優れています。データ保存にはUSBメモリーを採用し、PCへのデータ移動も容易に行えます。
iRM用ソフトウェア Spectra Manager

多機能なiRMで快適な操作環境を実現

タンパク質・核酸濃度測定プログラム

指定された波長の吸光度を測定し、以下の9通りから選択された計算方法に基づいて濃度計算を行います。
  • 260nmと280nmの吸光度比
  • 230nmと280nmの吸光度比
  • Warburg/Christianの係数計算法
  • dsDNAの定量
  • ssDNAの定量
  • OligoDNAの定量
  • RNAの定量
  • ユーザー定義吸光度比
  • ユーザー定義濃度計算
紫外可視分光光度計V730BIO用タンパク質核酸濃度測定プログラム

定量測定プログラム

タンパク質定量用検量線を6種類標準搭載しています。
  • 紫外吸収法
  • BCA法
  • Bradford法
  • Lowry法
  • WST法
  • Biuret法
紫外可視分光光度計V730BIO用定量測定プログラム

温度変化測定・メルティング解析プログラム

DNAメルティングの測定と解析を行います。温度を制御して、吸光度の温度変化を測定し、その結果から融解温度Tmを計算します。
紫外可視分光光度計V730BIO用温度変化測定・メルティング解析プログラム

時間変化測定(セルチェンジャー)/カイネティクス解析プログラム

酵素溶液に様々な濃度の基質を加え、吸光度の時間変化測定を行い、グラフを作成して最大反応速度VmaxおよびMichaelis-Menten定数Km*を計算します。
* Michaelis-Mentenはプロット表示のみで計算はできません。
紫外可視分光光度計V730BIO用時間変化測定(セルチェンジャー)/カイネティクス解析プログラム

標準プログラム

バイオプログラムの他に、標準プログラムとしてスペクトル測定、時間変化測定、固定波長測定が搭載されています。
紫外可視分光光度計V730BIO用標準プログラム

バリデーションプログラム

JP、USP、EP、JISに準拠した試験条件でバリデーションを実施できます。
紫外可視分光光度計V730BIO用バリデーションプログラム

微量試料測定に最適な各種付属品

標準セルホルダーはミクロセル対応で、100µLマスクが標準付属し、高さ調節機能があります。試料量50µLでUV領域も測定可能なディスポーザブルセルなども使用できます。この他にも、微量測定に適した様々な特別付属品を揃えています。

1滴測定ユニット(SAH-769)

タンパク質や核酸の測定を迅速に行えます。試料をセルへ滴下し、カバーガラスをセットするだけで測定できます。測定後は試料を拭き取るだけです。光路長1.0mmセルでは最小5µL、0.2mmセルを使うと最小0.6µLで測定でき、高濃度試料も希釈せずに測定できます。下のデータは牛胸腺由来のDNA溶液を0.2mmセル(試料0.6µL)にて測定した結果です。
紫外可視分光光度計V730BIO用一滴測定ユニット
紫外可視分光光度計V730BIO用一滴測定ユニットの使い方

水冷ペルチェセルチェンジャ(PAC-743/743R)

0~100℃まで温度制御でき、PAC-743R型は対照光束側も温度制御が可能です。検体数と試料量に応じて様々なセルが使用できるように、セルブロックが交換できる構造となっています。
紫外可視分光光度計V730BIO用水冷ペルチェセルチェンジャ PAC-743/743R
x