製品情報 V-7000 series

紫外可視近赤外分光光度計

V-7000 series
V7000 series ハイエンド紫外可視近赤外分光光度計
V-7000シリーズは、卓越した光学系と信号処理用エレクトロニクス技術により吸光度8までのリニアリティを持った、ハイエンドの紫外可視近赤外分光光度計です。リトロー型ダブルモノクロメーターを搭載することにより0.00007%以下の超低迷光を実現しています。また、光源からの光を有効に集光して分光器に入射する光学系により、光学系全体のスループットを高めています。V-7000シリーズはこの性能を活かして、光学材料や先端素材における光学特性などを高精度に測ることが可能です。

V-7000シリーズの特長

ダブルモノクロメーター採用の超低迷光設計

リトロー型ダブルモノクロメーター搭載により0.00007%以下の超低迷光を実現しました。また、光源からの光を有効に集光して分光器に入射する光学系を設計しており、光学系全体のスループットを高めています。

世界トップクラスの測光範囲の広さ

吸光度8までのリニアリティを持った超高性能な分光光度計です。

詳しくはこちら >

波長分解0.049nmの高分解能を実現

V-7000シリーズの紫外可視領域での波長分解は0.049nm以下と非常に高い分解能を有しています。これにより高分解の測定を行うことができます。

詳しくはこちら >