紫外可視近赤外分光光度計

V-700 series
V700 series 紫外可視近赤外分光光度計
紫外可視近赤外分光光度計V-700シリーズは高い評価を受けたV-600シリーズの後継機種としてデビューしました。多様なモデルをラインナップすることにより、ユーザーの測定に最高のパフォーマンスで貢献し、従来とは異なった体験を提供いたします。ルーチンワークに適したV-730や紫外可視高感度タイプのV-750、V-760、また、近赤外領域まで測定できるV-770、V-780があります。

V-700シリーズの特長

広い波長範囲で優れたリニアリティを実現

実績のある光学系をブラッシュアップしました。超高分解A/Dコンバーターの採用、光学系・信号処理の最適化により、広いダイナミックレンジを実現しました。

詳しくはこちら >

信頼性のある測定をサポート

バリデーションに対応

バリデーションプログラムを搭載しており、JP、USP等の各規格を選択すると自動的に試験項目が選択されます。スタート後はダイアログボックスの指示に従っていくだけで、スムーズに試験を進めることができます。

* 別途治具が必要です。

日常点検プログラム

日常的に装置コンディションを確認するためのプログラムを標準搭載しています。経時変化の少ないフィルター等*を1日の測定前にスペクトル測定します。結果は自動保存され、過去に測定した結果は時系列で確認することができます。データの信頼性を維持します。

* 毎回同一のものを使用してください。

装置診断機能

起動毎に光源や波長駆動の状態を確認します。

ランプ点灯時間のチェック

ランプ点灯時間を確認できるので、光源交換の目安になります。ランプの使用時間が1000時間を超えた場合は装置の起動時にメッセージが表示されます。

ランプ点灯時間表示
ランプ点灯時間表示

PCまたは専用モジュールで装置を制御

分光光度計を制御するツールとして、PCもしくは装置操作専用の小型モジュールiRMが選択できます。

詳しくはこちら >

IQアクセサリー(付属品自動認識機構)& IQスタート

V-700シリーズは、付属品がソフトウェアに自動で認識され、測定データに付属品名やシリアルナンバーなどが自動的に記録されるIQアクセサリーを搭載しています。

詳しくはこちら >