トピックス

日本分光付属品紹介 試料密閉型1回反射ATR

概要

嫌気性条件下での測定を想定し、日本分光では試料密閉型一回反射ATR ATR PRO550S-Sをラインナップしています。このATR PRO550S-Sは試料シールド機構により、グローブボックスの外においても、嫌気性試料の測定を可能にしました。

密閉型一回反射ATR ATRPRO550S-S
図1 密閉型一回反射ATR ATRPRO550S-S
試料シールド機構

図2のようなシールドが測定部位に取り付けられており、試料およびプリズムを外気から守っています。

このため、空気中で酸化を受けやすいリチウムイオン電池の電極表面の酸化還元状態の評価を行うことができます。

また、嫌気性の金属錯体や吸湿性試料の測定に適しています。

密閉型一回反射ATR シールド部分
図2 試料シールド機構
測定フロー

ATR PRO550S-Sは天板部を取り外すことができます。そのため、ATR本体が直接グローブボックスに搬入できないケースにおいても、コンパクトな天板部のみをグローブボックスに搬入することができます。

グローブボックス内に搬入した天板部に対して試料を設置し、シールドキャップにより試料周りを密閉してグローブボックスから取り出し、再度本体に天板部を装着することにより測定準備が完了します。

使い勝手は一般的なATR付属品と同じです。また、通常のATRとして使用することも可能です。

密閉型ATRの測定フロー
図3 密閉型ATRの測定フロー
FTIR用グローブボックス

日本分光では嫌気性サンプルの測定に対して、別のアプローチも用意しています。

FTIR用グローボックスはFTIR本体に取り付けて使用します。グローブボックス内部を窒素ガスやアルゴンガスなどの不活性ガスに置換できます。

そして、各種付属品をその中で使用することができます。

FTIR用グローブボックス
図4 FTIR用グローブボックス