円二色性分散計

J-1000 series
円二色性分散計
円二色性分散計J-1000シリーズは、光学設計の最適化と最新のデジタル信号処理技術により、新たなステージへ進化を遂げました。タンパク・核酸などのバイオ分野に適した紫外・可視領域モデル(180~600nm)のJ-1100、測定波長範囲が真空紫外から近赤外まで(163nm~1600nm)対応し、タンパク・核酸のみならず最新の研究分野であるキラル高分子、超分子、金属錯体などあらゆるニーズに対応可能なJ-1500、またハイエンドモデルとしてPMTとInGaAs検出器を搭載し、163nm~1600nmまで測定可能なJ-1700をラインナップしています。

円二色性分散計 J-1000シリーズの特長

広範囲にわたるSN比

光学設計の最適化と最新のデジタル信号処理技術により、広い波長範囲において、高いSN比を実現しています。

詳しくはこちら >

バリデーション用水銀ランプを搭載

バリデーションプログラム(標準搭載)と合わせて使用することにより、高精度で波長正確さを確認できます。

詳しくはこちら >

高精度なデータを短時間で得られる連続スキャン

連続スキャン方式を搭載することにより、高速で高精度な測定を提供いたします。

詳しくはこちら >

測定レンジの拡張

±8000mdegの測定レンジを誇り、CD信号が非常に大きい試料の測定にも対応します。

窒素パージの効率化

筐体構造の見直しにより窒素パージ効率を向上させました。窒素使用量が低減し、ランニングコストを削減することができます。