FTラマンシステム

RFT-6000
FTラマンシステム
RFT-6000FTラマンシステムは長波長レーザーを試料に照射し、試料から散乱されたラマン散乱光を効率よく集光し、干渉計に導入するラマンユニットとラマン散乱光を検出するFT/IR-6000シリーズから構成されています。レーザー照射およびラマン集光光学系は縦型配置を採用しているため、試料のセッティング等の操作性が非常によく、光学系を切替えることにより赤外スペクトルの測定を行うこともできます。

FTラマンシステム RFT-6000の特長

蛍光の影響を受けにくいラマン測定

蛍光を発するため可視域分散型ラマン分光光度計では測定が難しい試料の分析を行うことができます。

詳しくはこちら >

赤外・ラマン散乱スペクトルの測定が可能

単一のシステムで赤外およびラマン散乱スペクトルの測定を行うことが可能です。

詳しくはこちら >

マクロ/ミクロ測定に対応

マクロ領域とミクロ(顕微)領域の両方の測定に対応しています。

詳しくはこちら >

TVモニタによる測定部位の確認

TVモニタシステムを使用することにより、測定部位の確認を画面上で行うことができます。

詳しくはこちら >