溶出試験器

DT-810
溶出試験器 Dissolution Tester DT-810
日本分光の溶出試験器DT-810は優れた操作性と高い信頼性を実現する溶出試験システムの構築を可能にします。日本薬局方(JP)、アメリカ薬局方(USP)、ヨーロッパ薬局方(EP)に準拠しており、製剤試験などに幅広く対応することができます。また、投薬から、試験液採取、吸光度測定、溶出率の計算まで自動化することができるため、非常に効率的な分析を行うことができます。

溶出試験器 DT-810の特長

JP/USP/EPに対応 -各局方の試験法に準拠-

日本薬局方(JP)、アメリカ薬局方(USP)、ヨーロッパ薬局方(EP)に対応しています。各局方に記載されている溶出試験法(パドル法、バスケット法)、貼付剤の放出試験法(シリンダー法、パドルオーバーディスク法)に準拠し、各局方で提言されている機械的校正にも適合しています。

温度正確さと精度の向上

円形のバス(恒温水槽)、およびヒーターを使用することにより、ベッセル間の温度差±0.1℃を実現しました。

詳しくはこちら >

自動センタリング機構

ベッセルとパドルの位置関係は溶出試験において非常に重要です。日本分光の特許技術である自動センタリング機構を使用することにより、ユーザーが位置調節作業をする手間およびリスクをなくしました。

詳しくはこちら >

各ベッセルに温度センサーを標準装備

ベッセルごとに温度センサーが付いており、試験液採取直前に採取位置近傍の温度が測定・記録されます。

詳しくはこちら >

高精度なベッセル・パドル

全てのベッセル、パドルには3次元座標計測機の検査データが付属します。

詳しくはこちら >