赤外顕微鏡

IRT-5200

ソフトウェアの特長

測定プログラム

赤外顕微鏡測定のために考え抜かれたソフトウェアとなっています。イメージングソフトが標準搭載されており、容易にかつ効率的な測定を行えるよう様々な機能が用意されています。

赤外顕微鏡用測定ソフウェア
図1 測定プログラム画面

測定スペクトルとケミカルイメージの連動

ソフトウェア上にリアルタイムで測定スペクトルとケミカルイメージを表示します。

また、測定データと顕微画像をリンクしてファイルに保存できるため、解析時の処理効率が向上します。

スペクトル録画

試料上をプレ測定し、各部位のスペクトルと位置を記録することにより、試料全体の中から最適な測定位置を選択することが可能です。

赤外顕微鏡用スペクトル記録機能
図2 スペクトル録画画面

解析プログラム

スペクトルデータの処理機能に加え、ケミカルイメージの作成を行うことができます。作成されたケミカルイメージは、コントラストやその表現方法に力点を置かれています。

また、ユーザーの熟練度によらず容易にカーソル移動により、直感的に作成することができます。

赤外顕微鏡用解析ソフウェア
図3 解析プログラム画面

スマートモニタ

スマートモニタ機能により、試料画像とスペクトルを同時に確認しながら測定ポイントを決められます。そのため、最適な測定ポイントを見つけて測定を行うことができます。