マルチチャンネル赤外顕微鏡/全自動赤外顕微鏡

IRT-7200/7100

ハードウェアの特長

多様な検出器群

IRT-7200ではリニアアレイMCT検出器と合わせて、単素子のミッドバンドMCT検出器も搭載しています。また、様々な測定に対応できるよう、検出器を用意しています。

IRT-7100は標準では単素子ミッドバンド検出器を搭載していますが、アップグレードすることにより、リニアアレイ検出器を追加することができます。

赤外顕微鏡用検出器群
図1 赤外顕微鏡用検出器

ダイナミックイメージングによる超高速時間分解測定

ステップスキャン機能を搭載したFT/IR-6000シリーズとIRT-7200の組み合わせにより、時間分解イメージングが可能となります。

最高10nmsec(オプション)の時間分解でダイナミックイメージング測定が行えるので、これまでマクロな領域でしかとらえられなかった反応過程をミクロな領域の変化として捉えることが可能になりました。

ステップスキャン用FTIRシステム構成FTIR-6700
図2 FTIR-6800 + IRT-7200

スマートマッピングと「見えるATR」によるATRイメージング

スマートマッピングを使用することにより、プリズムと試料を密着させたまま、赤外光を試料上でスキャンしてマッピング測定することができます。

プリズムを試料上で動かす必要がないためクロスコンタミネーションの心配がありません。

また、「見えるATR」は、プリズム越しに試料を観察することができるので、試料上の目的部位を狙って測定することが可能です。

詳細についてはIRT-5200のページも参照下さい >
スマートマッピングと見えるATRによる塗膜測定
図3 塗膜の測定

自動XYZステージによる高機能化

自動XYZステージによりさらに広い範囲を効率的に測定することができます。ステージの移動はソフトウェアによりマウスで行うことができます。

また、オプションのジョイスティックを使用することにより、より直感的に移動させることも可能です。

ステップスキャン用FTIRシステム構成FTIR-4700
図4 ステージ操作用ジョイスティック