多目的レーザラマン分光光度計

RMP-500 series
多目的レーザラマン分光光度計
医薬品製造におけるPAT(Process Analytical Technology)や工業製品製造における工程管理、反応過程のモニター、あるいは文化財や宝石の鑑定などに、前処理が不要で非破壊で測定可能なラマン分光法は非常に有効です。
RMP-500シリーズは、レーザー光源、モノクロメーター、検出器をコンパクトにシステムアップした多目的ラマン分光光度計です。ファイバーを用いた測定系により、測定目的に合わせてサンプルへのアプローチが自在に行え、試料の形状等に合わせたフレキシブルな測定が可能です。

多目的レーザラマン分光光度計 RMP-500シリーズの特長

目的に応じたシステムを自由自在に構築

RMP-500シリーズは、高性能分光器にレーザー、ファイバープローブ、顕微鏡、検出器などを自由に組み合わせてアプリケーションに最適なシステムを構成できる、全く新しい発想のレーザラマン分光光度計です。

システム例の一部をご紹介します。

反応モニターシステム

RMP-500に、反応モニター用のファイバープローブを組み合わせたシステムです。反応過程をリアルタイムでモニターし、化学構造の変化や対象物の量的変化を追跡することが可能です。プローブは液浸タイプ、高温対応タイプ、耐腐食性タイプなどの種類があります。

反応モニターシステム

顕微ラマンシステム

RMP-500と落射観察型顕微鏡を組み合わせたシステムです。レーザービーム径を数µmまで絞れるので、異物測定等に威力を発揮します。オプションの自動XYステージを搭載すると、イメージング測定にも対応できます。

顕微ラマンシステム

この他にも、不正薬物探知システム、現場組み込みシステム、マクロ試料室、倒立顕微鏡などの各種専用システムに対応します。また、特殊形状の試料を設置するための専用試料室の作成、測定対象物を同定するための検索ライブラリーなど種々のカスタムメイドにも対応いたします。詳しくはページ右上のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

ラボユースから工場などのインラインシステムまで幅広く対応

ポータブルでありながらラボ機並の高い性能を持ち合わせているため、生産ラインの管理システムへの組み込み、ラボ外の現場に持ち運んでの測定、反応過程モニタリングなど、多様な測定現場で活躍できます。