高速液体クロマトグラフ(HPLC)

EXTREMA
高速液体クロマトグラフHPLC
EXTREMAは、日本分光の技術の粋を結集して完成した高速液体クロマトグラフ(HPLC)です。UHPLCやRHPLC(Rapid Separation HPLC)、セミ分取対応のポンプや高感度検出器など、多数のユニットから目的に合わせて最適なシステムを構築することできます。クロマトグラフィーデータシステムには操作性、処理機能において高い評価を得ているChrom NAVがVer.2.0にアップグレードし、さらに高機能で使いやすくなりました。

高速液体クロマトグラフ(HPLC) EXTREMAの特長

EXTREMAのコンセプト:Seeds

EXTREMAは新世代ラボのニーズに新たなシーズで応えることをコンセプトにしています。

  • Standard・・・・標準化したシステム
  • Evolution・・・・最新技術の導入
  • Extension・・・・優れた拡張性
  • Detection・・・・高感度検出
  • Support・・・・分離分析をサポート

汎用HPLCからUHPLC、分取まで幅広く対応

汎用のHPLC(~30MPa)、中圧領域(30~70MPa)の測定にも使用できるRHPLC、高圧(~130MPa)で分離を行うUHPLC、さらに分取HPLCまで、EXTREMAは幅広く対応します。

詳しくはこちら >

高耐圧のポンプ・オートサンプラー

HPLC/RHPLC用の送液ポンプ・オートサンプラーは最大耐圧70MPa、UHPLC用の送液ポンプ・オートサンプラーは最大耐圧130MPaを誇ります。

ポンプについて詳しくはこちら >
オートサンプラーについて詳しくはこちら >

高感度、多機能、安定性に優れた検出器

光分析のパイオニアである日本分光が分光光度計で培ったノウハウを注ぎ込んで、高感度で多機能、安定性に優れた検出器を開発しました。

検出器について詳しくはこちら >

優れたデザイン

EXTREMAは小型でスタイリッシュなデザインになっています。メンテナンス性、操作性に優れており、安全面にも配慮しています。

詳しくはこちら >

紹介動画